賃貸物件を探す時、優先しておきたい三つのポイントとは

太陽がどのように当たるかどうかは重要

「日照なんてどうにでもなるよ!」と考える人は多いかもしれません。特に、一人暮らしの経験がない人や、家事にあまり注意を払わない人にとっては、その条件はどうでもいいと思いがちです。しかし、日の光が全く当たらないような物件の場合、洗濯や布団が干せないといった不便さがある他、湿気がこもりやすくてカビや雑菌が多く繁殖することが考えられます。また、常にカーテンを閉めて生活するというのも健康にはよくありません。ベランダが南を向いていなくても、せめて家のどこかの窓から日が射し込む物件であるかチェックすることをおすすめします。

音は響かない?そして自分は大丈夫?

人によって気になる・気にならないの差が激しいのが騒音の問題です。それくらいは我慢しよう、と思っても夜間や就寝中に大きな音が響くような環境だと、非常に大きなストレスになりますので、周辺の環境や間取りに注意しましょう。また、「自分は気にしないから!」と思っていても、近隣の住民から「うるさい!」と思われてしまい、近隣トラブルに発展する可能性があります。もしも楽器の演奏が趣味である、どうしても大きな音を立てるものを部屋に置く必要がある、という場合はそういった点に考慮した方が快適です。

やっぱり防犯も重要です

男性や、一人暮らし歴の長い女性の場合、「防犯は自分の努力でなんとかできるから大丈夫」と考えてしまいがちですが、やはり安心して暮らすためには防犯のチェックもしておきましょう。例えば集合住宅の一階だと、立地によっては空き巣などの被害のリスクが上がるだけでなく、覗きやイタズラの対象となる可能性も高くなります。入った後で慌てることのないよう、外から中を観察することができるか、できるとしたらどのような危険があるか、先にチェックしておくことをおすすめします。

帯広の賃貸マンションは、毎月の家賃を払うことになりますが、その中にメンテナンスなどの費用も含まれているので自分でマンションのメンテナンス代を払う必要はありません。